カリキュラム内容

居合道稽古

 居合道は、日々の稽古を通じて剣の理法を習得するとともに、自己の人間形成を図ることを目的とするものです。無双直伝英信流居合道富山道場では、居合道の流派の中でも約450年前の室町永禄年間に創始された居合道の業を修練しつつ、それを通して心身の鍛錬ができるよう居合道の業・技の基礎から丁寧に指導します。

挨拶

 無双直伝英信流居合道富山道場は、古来より伝承されている無双直伝英信流の正統正流の技を習得・鍛錬しています。

 元来居合は攻防の術を得ることに始まったものですが、今日我々がこれを修行する目的は、定められた武技の修錬を通じて剛健なる身体を鍛錬し、己が精神の錬磨を図ることにあります。然して礼譲の精神を基本に相手の人格を尊重し己が心を正し、相手をして敵愾心を起こさせず只管尊敬の念を抱かしめることにあります。

 居合とは、敵の先又は後の先を取り、剣先鯉口離れの一瞬にして対敵を制する妙なる技であり、鞘離れの一瞬に生死を分かつ人間極限の境地ですが、今日のように自己責任感の薄れ勝ちになり易い時に、この居合道を通じて一瞬時でも己を見詰める空間を得ることも長い人生の中では大切なことと思います。

 日本古来の武道である居合道を若いころから始めてみたい方、今までに機会がなくできなかった方、今から始めても遅くはありません。当富山道場では入会された方に居合の妙技を習得して自己の錬磨を図っていただくとともに、居合道を通じて心身の健康管理にお役立ていただくことも念頭に稽古を進めたいと考えています。

   



無双直伝英信流居合道富山道場代表 吉田光則